このサイトは、SLE(全身性エリテマトーデス)
の患者さんに向けた情報サイトです

SLE基本情報

SLEの治療

SLEの治療

  1. SmiLE.jp TOP
  2. SLE基本情報
  3. SLEの治療/SLEの治療

病気の状態や症状に応じた治療

SLE治療の目的は、症状をなくすことのほか、合併症の発症を防ぎ、長期的に安定した状態を保つことです。患者さんの症状や状態によって、治療法や薬の種類・使用量などが異なります。また治療効果のあらわれ方によっても治療法や薬を変更しながら、治療が進められます。

薬物治療の種類

治療薬は、患者さんの症状や臓器障害などを考慮して選択します。

SLEに対する主な治療薬

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

NSAIDsは解熱・鎮痛・抗炎症のはたらきがあります。SLEにおいては発熱・関節痛(炎)・筋痛(炎)などの症状に対して用いられます。ステロイド薬が多く使用されている場合は、炎症が抑えられるため、必ずしもNSAIDsを必要としませんが、関節痛や筋痛が主な症状の場合はNSAIDsのみで治療することがあります。部分的な症状に対しては、貼り薬や塗り薬などの外用薬を用いることもあります。

よく見られる副作用として、胃腸障害があります。

副腎皮質ステロイド薬(ステロイド薬)

ステロイド薬は、SLEの主な治療薬です。強力な抗炎症作用があり、免疫抑制効果もみられます。

ステロイド薬を投与する量は、SLEの病状によって決められます。重篤な臓器障害がない場合は、少量から投与を始め、症状の改善や沈静化がみられると量を減らしながら、病状が再燃しない量を維持します。紅斑に対しては、ステロイド薬を含む外用薬が使われます。

中等症や重症の場合、症状をすみやかに改善したり、救命的な処置を目的に高容量から使われることがあります。長期間にわたって寛解の状態が維持されている場合、ステロイド薬の減量が検討されます。

免疫調整薬

もともとはマラリアの治療薬として開発されました。免疫を調整するはたらきがあり、SLEや皮膚型エリテマトーデス、関節リウマチの治療薬として使用されています。

免疫抑制薬

免疫抑制薬は、免疫に関わる細胞に作用して免疫を抑制します。効果があらわれるまでに時間がかかりますが、副作用の観点からステロイド薬を使うことが難しいなどの理由で、ステロイド薬を減量する場合などに用いられます。

正常な細胞のはたらきも抑えるため、骨髄のはたらきが抑制されたり、肝臓に障害が起きたり、感染症にかかりやすくなることもあります。

生物学的製剤

生物学的製剤とは、生物が産生するタンパク質などを利用してつくられる薬です。ステロイド薬や免疫抑制剤を用いた治療で、十分な効果が得られなかった際に使用される場合があります。

その他の治療法

アフェレーシス療法

アフェレーシス療法は、病気やその状態に深く関係している有害物質を、体外での血液循環によって機械的に取り除く治療法です。

方法は、「血漿交換療法」と「血球成分除去療法」の2つに大きくわけられます。「血漿交換療法」は、血液中にある病気の原因物質を含む血漿を除去し、健康な人の血漿を入れて置き換える方法です。一方「血球成分除去療法」は、血液中の活性化した白血球などを特殊な繊維やビーズによって、吸着して除去する治療法です。SLEでは、予後に影響を及ぼす重篤な病状のループス腎炎と中枢神経ループスに、血漿交換療法の保険適用が認められています。

【参考文献】

橋本博史:全身性エリテマトーデス臨床マニュアル第3版. 日本医事新報社. 2017.

【監修】

北海道大学大学院医学院・医学研究院 免疫・代謝内科学教室 教授 渥美 達也先生

Page Top